FC2ブログ

損しない!マネー3本柱(投資と貯蓄・生命保険・住宅ローン)~20代の人が40年後困らないために

収入減、増税。真剣にお金を貯めたい、増やしたいと思っている。でも、何をどうしたらいいのかわからない。それに、今あるお金は少しでも減らしたくない。知らなかったばかりに損もしたくない。そんなお金に関して悩んでいたり、損しないための知識が欲しいと思っている方のためのサイトです。特に、20代・30代の若い方が数十年後困ることがないように、真摯にお金のことを考えていきたいと思っています。

Archive [2013年03月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

拠出限度額を最大限利用するといくら増えるのでしょうか?20代の人が40年後どうなっているのか? ① ・・・ 5%の運用を毎年続けた複利で計算してみました!

公的年金や企業年金などの従来の年金制度は【確定給付年金】と呼ばれ、国や企業が将来の年金の支給を保障していますが、【確定拠出年金】では、加入者自身が資産を運用するため、将来支給される年金額はそれぞれの運用しだいで違ってきます(保障されていません)。 【公的年金】 1階部分:全国民共通の基礎年金(国民年金) 2階部分:基礎年金の上乗せとしての厚生年金保険、共済年金等 ※自営業者の2階~3階部分に当たるのは、...

【退職金(退職一時金)】 【退職年金】 【企業年金】 【企業型確定拠出年金(401K)】って同じなの?それとも違うの? ・・・ 違うなら、どう違うの?

【退職金と確定拠出年金(401K)】 は、どう違うのか?・・・退職金と企業年金(企業型確定拠出年金)は別物か?同じものか?「確定拠出年金(401K)とは退職金のことですか?」「確定拠出年金(401K)が退職金の替わりになるのですか?」「確定拠出年金と退職金って別物ですか?自分の会社には、退職金制度があるのですが、確定拠出年金にも加入しています」 「確定拠出年金とは、普通の退職金に上乗せしてもらえる...

日本版ISAに思うこと ⑤ ・・・ 「現役世代がフル活用するのは難しい?つまり、恩恵をより受けられるのはリタイア世代なのではないか?」

日本版ISAに思うこと①では、【今年中に200万円貯めなければならない】ということをお話しさせていただきました。また、それは5年間にわたり続くものだということもお話させていただきました。つまり、2014年に200万円。2015年にも200万円。2016年にも200万円。2017年にも200万円。そして2018年にも200万円必要だということです。(もちろん、これは夫婦二人で非課税枠を最大限利用した...

インデックス投信とETFの徹底比較!!

ETFとは株価指数連動型上場投資信託のことを言います。 証券取引所に上場され、インデックスファンドと同じように市場(日経平均・TOPIXなど)に連動した値動きをしますが、インデックス投信と異なる大きな特徴は、取引時間内ならリアルタイムに売買できることです。 【インデックス投信】はアクティブ投信よりもコスト(手数料)が安く、長期的に見た場合、アクティブ投信よりもパフォーマンスがいいことは先日お伝えしました...

日本版ISAに思うこと ④ ・・・ 「子どもの枠を使えないか?どう使うか?」

これまで私は、日本版ISAをフル活用するためには、夫婦二人で1年間に200万円が必要だ(それが5年間で合計1000万円)というお話をさせていただいてきました。これまでも申し上げてきておりますとおり、日本版ISAは、1人につき1年間に100万円(最大500万円)までの投資額に対して得た利益が非課税となる制度です。そして、これは20歳以上の人であれば誰もが利用できる制度でしたね。だとすれば、もしご家族...

インデックス投信とアクティブ投信の徹底比較!!

投資信託には大きく分けて【アクティブ投信】と【インデックス投信】の二つがありますが、まずその特徴を見ていきましょう。 ① インデックス投信とは?   市場全体の値動きを示す、例えば日経平均株価指数に連動する成果を目指します。要するに、「市場平均並み」の利益をあげましょうというものです。 ② アクティブ投信とは? 投資対象を絞って選択することで、「市場平均より高い」利益をあげましょうというものです。 ※③ E...

今さらながら携帯代に思うこと

今さらながらなのですが、携帯代の負担に思うことがあります。「高いなぁ」「昔ならこのお金はかからなかったのになぁ」というものです。私はまだいわゆる普通の携帯端末を使っています。iPhoneとかにはしようとも思いません。だって、iphone(娘は4Sを所有)にすると、それだけで自動的にパケ放題とやらに加入しなければならず、そうすると必然的に4500円ほどがかかってしまうんですよね。それがもったいなくて、子どもたち...

日本版ISAに思うこと ③ ・・・ 「金融機関はどこがいいか?」

先日のお金のメモで「とりあえずは今年中に日本版ISA(少額投資非課税制度)のためのお金を200万円貯めなくては!(この制度の2014年スタート時に間に合わせるため)」ということを考えているというお話をさせていただきましたが、その他に【期限がある中をどう動けばいいのか?】ということや【どこの金融機関がいいか?】ということなどを考えているということをお話ししました。今日はその【金融機関はどこがいいか?...

高校生に朗報!?・・・<給付型奨学金>高校生へ14年度導入!?

<給付型奨学金>高校生へ14年度導入目指す 文科省方針                                                       ・・・毎日新聞 2月20日配信より 文部科学省は、高校生を対象に返済の必要がない「給付型奨学金」を新設する方針を固めた。国の給付型の奨学金制度は、高校・大学を通じて初の制度になる。民主党政権下で導入された高校授業料無償化に所得制限を設けて財...

【夫 300万円 + 妻 300万円 = 世帯年収600万円】 が標準家庭のモデルになっていく!?

「300万×2」が標準家庭の収入形態に!女性管理職が増えれば仕事の仕方も変わる                                 ・・・WEDGE 2月20日配信より あまり気付かれないが、自民党の政権公約の中に「女性力の発揮」という項目がある。生命保険業界初の女性取締役が就任したライフネット生命や、管理職の半分が女性という健康食品通販の「やずや」など、変化に対応した動きもある。新政権が腰を据えて...

【株はインフレに強いが、デフレに弱い】

簡単に言えば、これからインフレがやって来ると思う時には株式投資を積極的に行い、デフレがやって来ると思う時には株式投資は控えて、現金で持っている方がいいという諺です。言い換えれば、インフレ時には資産を現金で持っていると実質、目減りしてしまうということです。株価は企業の収益を反映して騰がったり下がったりするものです。むろん、企業にとっては、モノの値段が下がる時(=デフレ)よりモノの値段の上がる時(=イ...

日本版ISAに思うこと ② ・・・ 「期限がある中でどう動けばいいか?」

先日のお金のメモで「とりあえずは今年中に日本版ISA(少額投資非課税制度)のためのお金を200万円貯めなくては!(この制度の2014年スタート時に間に合わせるため)」ということを考えているというお話をさせていただきましたが、その他にいろいろと考えていることがあります。それは【どこの金融機関にしようか?】、あるいは【期限がある中でどう動けばいいか?】ということなどです。どう動くかはその時々の情勢に合...

株主優待・・・権利確定月 4月・5月・6月

4月末~6月末が権利確定月の主な銘柄です。最低必要金額は2012年8月3日の終値にて計算しております。◎ 4月■  伊藤園(2593)・・・最低必要金額 147,100円株価       1471円事業内容    お茶が主力の飲料メーカー単位株      100株優待内容    自社製品詰め合わせ               100株以上 : 1500円相当              1000株以上...

左サイドMenu

Categories...B

openclose

私のおすすめ、ノーロード投信に強い!

株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

右サイドメニュー

ネット証券2013年度顧客満足度第1位はここ!!

最新記事

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

お財布の整理が貯まる秘訣!

ベルメゾンネット

プロフィール

waffle cone

Author:waffle cone
「ママチャリでお買い物」が大好きな主婦です。

手軽に積立をはじめるならここ! 業界屈指の格安手数料! 

外貨MMFもここでやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

(*^o^) ブログランキングに参加中。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

規約

ホームページの内容の無断転載を禁じます。 ここに記載してあるすべての情報のご利用については自己責任でお願いします。 何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも、当方は一切責任を負いません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。