fc2ブログ

損しない!マネー3本柱(投資と貯蓄・生命保険・住宅ローン)~20代の人が40年後困らないために

収入減、増税。真剣にお金を貯めたい、増やしたいと思っている。でも、何をどうしたらいいのかわからない。それに、今あるお金は少しでも減らしたくない。知らなかったばかりに損もしたくない。そんなお金に関して悩んでいたり、損しないための知識が欲しいと思っている方のためのサイトです。特に、20代・30代の若い方が数十年後困ることがないように、真摯にお金のことを考えていきたいと思っています。

Entries

ケース別で保険と注意事項を考えよう!

① Aさん  家族構成 : 独身
          住まい   : 両親と同居(父親は現役)
          手取り収入: 280万円
          不安   : 「みんな生命保険には入っているの?」
    
       アドバイス

「社会人になったら生命保険に入るのが普通」という常識のようなものがありますが、それは間違いです。各々のおかれている環境によって全く異なります。Aさんは、独身で同居しているお父様もお仕事をしておられるようですから、Aさんに万が一のことがあった場合でも、経済的に困る方はおられませんね。つまり、現在においては生命保険はまだ必要ありません。まずは、貯蓄することを第一に考えてください。結婚が決まれば、その時にもう一度考えましょう。妻が専業主婦となるのか、結婚後も働き続けるのかでAさんが選ぶ保険も違ってきます。

①は、「独身の方は生命保険は必要ない」にあてはまるケースですね。



 Bさん  家族構成 : 夫婦共働き(ともに公務員)、子ども2人(小6・中3)
          住まい  : 持ち家
         手取り収入: 2人で1,000万円
          不安   : 共働きなので死亡保障については心配していないが、病気が心配。夫婦で入るなら、家族型医療保険がいいか?             
 

       アドバイス

Bさんが加入する共済組合の医療費付加給付は、1カ月の自己負担上限額が2万円。さらに、職員互助会で上乗せがあり、上限額はたったの5,000です。
ゆえに、お2人ともに、医療保険に入る必要性は高くないといえます。
手取りの世帯年収も1,000万円あり、これからお子さんが高校、大学と進学しても、経済的リスクはほとんどないと考えられますので、おっしゃっているように死亡保障も大きな金額はいりません。
入院した場合の医療費は貯蓄と毎月の収入でまかなうことができます。
それでも、医療保険に加入したいということであれば、それぞれで入るほうがいいでしょう。

家族型は、それぞれで入るより保険料は割安ですが、その代わり主たる被保険者の保障に対して家族の保障は6割になります。
また、保険会社にもよりますが、主たる被保険者が死亡すると契約が消滅するタイプがほとんどですので、夫婦それぞれで同額の保障を確保したほうがいいでしょう。

② Bさんは「万が一の時に対処できる貯蓄があれば、医療保険は必要ない・貯蓄が増えるにつれ生命保険も減額できる(卒業できる)」にあてはまるケースですね。



 Cさん 家族構成  : 妻と子ども3人   
         住まい   : 持ち家(住宅ローンあり)
       手取り年収  : 自営業で600万円
          不安   : 自営業なので、自分に何かあった時の死亡保障も病気も心配 

         アドバイス

自営業の方は、サラリーマンの方よりも死亡保障も入院保障も手厚くする必要があります。ご自身が何かあった時に
代わりになってくれる方がいませんので、すぐさま収入の減少につながります。
また、死亡した場合に受け取れるサラリーマンでは遺族厚生年金にあたるお金も手厚くはありません。
これらの理由により、死亡保障は4,000万円~5,000万円あったほうがいいでしょう。また、入院保障も1日1万円つけることをオススメします。


③のCさんは、生命保険や医療保険に入る前に、ご自分が加入している公的年金制度や職場の福利厚生制度を確認しましょう、そしてそれでも不足する分だけ保障をつけましょう、というケースにあてはまりますね。(②のBさんもこれにあてはまります)







 Dさん    家族構成 : 妻(パート)、子ども2人(小5、中2)
            住まい  : マンション(住宅ローンあり)
           手取り年収: 660万円
            不安   : 定期付終身保険の更新がもうすぐ。子どもの教育費にお金がかかり、保険料はこれ以上増やせやせないので、どうしたらいいか?         
 
           アドバイス

定期付終身保険の更新型に加入している方は多いですね。加入時には保険料を安く抑えられるので(これなら払えると思ってしまう)、更新型をすすめられるようです。ですが、この時、10年後、さらに10年後と保険料が更新のたびにドンドン上がっていってしまうことをご存じでない方もいらっしゃるのではないでしょうか?ご存知の方でも、「まあ、その時にはお給料も上がっているだろうし、なんとかなるだろう・・」と加入したのではありませんか?
でも、現実にその年齢になってみると、子どもはちょうど教育費のかかる年齢になってきており、また住宅ローンも抱え、「こんなはずでは・・・」という感じでしょうか?
やはり、お金については「その時にちゃんと数年後、数十年後のことを考え(イメージし)て行動に移す」ということがとても大切ですね。

定期付終身保険は、定期保険特約、入院特約などの特約部分が更新時の年齢で再計算される仕組みになっているからです。
更新時の見直しの方法としては、①自動更新、②減額更新、③非更新 があります。
①は現在の保障内容のまま更新する方法ですので、保障額はまったく変わりませんが、それゆえ、保険料がアップしてしまいます。
②は、保険料を上げないために、保障内容を縮小するやり方です。
③は、定期保険特約、入院特約などを更新しない方法で、終身保険部分だけを残すやり方です。

ゆえに、どの方法を選択するか、ご自身の考え方でご判断していただくことになります。
更新時を利用して、思い切って、今現在の自分とご家族の状況に見合った生命保険に新しく入り直すというのも一つの方法だと思われます。
普段はなかなか生命保険を見直すという作業はしませんものね。でも更新時には否応なく保険のことを考えなくてはなりませんからこの時を逃す手はありませんね。



 Eさんの不安 : 通院の医療費がかさんで困っています

   アドバイス  

通院治療は入院と異なり「限度額適用認定証」を使うことができません。そのため、一旦は窓口で医療費の3割分を支払わなければなりません。そして、そのお金が払い戻されてくるのは、手続きをしてから3カ月後くらいというケースが多いようです。通院で3割負担でも高額になった場合は、高額療養費融資制度」を利用しましょう。高額療養費の払い戻し見込み額を一定割合(7~9割)を無利子で借りられる制度です。ただし、一旦は3割分を負担し、手続きをした2~3週間後に本人口座に貸付金が振り込まれる形となりますし、国民健康保険料を滞納していると利用できません。
最近では、外来で抗がん剤や放射線治療を行うケースが増えていて、3割負担でも10万円を超える場合も見受けられるようになってきています。

  
 Fさんの不安 : 一度は加入しようと思ったけど、やっぱりやめたい・・・

    アドバイス

クーリングオフ」という制度があります。一定期間内なら、契約者から一方的に申し込みの撤回ができます。保険会社によって異なりますが、一般的には、第1回目の保険料の領収書の交付日、または申込日のいずれか遅い日を含めて8日以内に封書またはハガキ(*口頭ではダメ)で申し出ることになっています。手続きをすると、既に支払った保険料も戻ってきます。



 Gさんの不安 : 死亡した妻は保険に入っていたはずだが、その保険証券がどこにあるかわからない

    アドバイス

死亡保険金を請求するには、保険証券が必要です。生命保険契約では、保険金請求権の時効は3年。まずは、毎年10~11月頃に届く控除証明書など生命保険会社からなんらかのお知らせが届いていないか郵便物をくまなくチェックすること。それでもわからなければ、もう手当たり次第、契約していそうな生命保険会社と共済団体に片っ端から電話して契約があるかどうか確認してもらうよりほかありません。
大変な作業ですが、一刻も早く契約の有無の確認を!
なにより、このような事態にならないよう、保険に加入したらすぐに、家族にも伝えること!保険証券の保管場所もお互いがわかるようにしておきましょう。子どもが成人したら、(相続などの問題を別に考えれば)子どもにも伝えておくのがベストです。
さらに、最近は生涯独身の方も増えてきております。亡くなった場合、一体誰が請求するのでしょうか?これではなんのために保険に入ったのかもわからなくなります。そもそも保険に入る必要があるのかも再検討しなくてはいけませんね。

保険証券が見つからないのではなく、失くしてしまったということもありますね。その場合は速やかに再発行の手続きを行ってください。
証券を失くしても契約が無効になることはありませんからその点はご安心いただきたいのですが、契約を変更するときには必要になりますし、保障内容が確認できなければ保険金の請求のしようがありません。


*保険は自らが保険会社に連絡して、請求手続きをしなければ、1円のお金も支払われません。自分がどんな保障がある保険に入っているのかわからなくても、入院したなど「これは支払われるかな?」と少しでも思い当たることがあり、加入していることさえわかっていればその保険会社に必ず連絡しましょう。そこで調べてもらえばいいのですから・・・。

*かんぽ生命の保険金請求権は5年の時効となっています。




 Hさんの不安 : 保険に入るとき、告知書に現在治療中の病気を書きませんでした。今になって、おりるかどうか不安になってきました。  

    アドバイス

これは告知義務違反にあたります。告知義務違反をすると、支払要件が発生したとしても保険金や給付金が支払われない可能性があるうえ、保険会社は契約を解除できることになっています。解除されると、今までに払い込んだ保険料は戻ってきません(解約返戻金があれば、それが戻ってきます)。ちまたでは「契約から2年経っていればウソがばれてもOK」と言われているようですが、これも間違いです。 
告知は正直に正確に行いましょう。




 Iさんの不安 : 父親が心臓病で亡くなったので、自分も心配で3大疾病保険に入ろうか思います。ですが、母親から「お父さんには保険金が出なかった」と聞かされました。どうすればいいですか? 
   
     アドバイス

三大疾病(特定疾病)保険とは、通常の死亡・高度障害の時には死亡保険金が、がん・急性心筋梗塞・脳卒中により所定の状態の該当したときに生前保険金が支払われるというものです(保険金が一度支払われると契約は消滅するので、二度保険金が支払われることはありません)。
さて、ここからが注意しなければならないのですが、保険金支払い要件である「所定の状態」の厳しさです
がんは「はじめて悪性新生物にかかったと診断されたとき」ですから、わかりやすいですね。
ところがあとの2つは、かなり厳しいのです。
急性心筋梗塞は「初診から60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師が診断したとき」
とあります。
ですから、お父さまが仮に心筋梗塞で1カ月ほど入院し、退院後1週間ほど自宅で休養してから職場に復帰したというような場合であったとすれば、保険金は支払われないのです。
そして、狭心症などは対象外です。
脳卒中は、「初診から60日以上、言語障害などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師が診断したとき」とあります。くも膜下出血や脳内出血など限られた病気以外の脳血管疾患は対象外です。
つまり、三大疾病になっただけではダメなのです。


 Jさんの不安 : 契約している保険会社がつぶれてしまいました、外交員のおばさんとも連絡がとれません。
  
    アドバイス

まず、保険会社が破たんしても、契約はなくなりません。国内で事業を行うすべての生命保険会社と損害保険会社はそれぞれ生命保険契約者保護機構、損害保険会社保護機構への加入が義務付けられています。ゆえに、これらの保護機構が資金援助を行い、ほかの保険会社に契約は引き継がれます。ただし、資金援助は責任準備金、すなわち保険会社が将来保険金や年金を支払うため積み立てるお金の9割までであって、契約保険金額の9割ではありません(補償されるのは、破綻した保険会社の契約を救済保険会社に移転する時点の責任準備金の90%であるということです)
ここがよく問題になる点ですので注意してください。

過去の生保破綻の事例を見ると、たとえ責任準備金が90%補償されても、予定利率が引き下げられると、保険金は90%よりも下回ることがほとんどです。過去5年間の予定利率が常に所定の基準金利(現在3%)を超えている契約は高予定利率契約に該当し、補償割合が90%を下回ります。(予定利率の高い保険ほど、予定利率引き下げによる影響を受け、保険金額や年金額が契約額の90%以下になる大幅削減となっています
しかしながら、破綻後は、破綻処理が終わるまでは解約ができず、契約者は破たん処理の結果を受け止める以外に道はありません。
一方、定期保険など掛け捨ての保険はほぼ影響を受けませんでした。破綻した場合のことを考えますと、掛け捨て型の方が安心といえますね。




スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Categories...B

openclose

私のおすすめ、ノーロード投信に強い!

株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

右サイドメニュー

ネット証券2013年度顧客満足度第1位はここ!!

最新記事

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

お財布の整理が貯まる秘訣!

ベルメゾンネット

プロフィール

waffle cone

Author:waffle cone
「ママチャリでお買い物」が大好きな主婦です。

手軽に積立をはじめるならここ! 業界屈指の格安手数料! 

外貨MMFもここでやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

(*^o^) ブログランキングに参加中。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

規約

ホームページの内容の無断転載を禁じます。 ここに記載してあるすべての情報のご利用については自己責任でお願いします。 何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも、当方は一切責任を負いません。