fc2ブログ

損しない!マネー3本柱(投資と貯蓄・生命保険・住宅ローン)~20代の人が40年後困らないために

収入減、増税。真剣にお金を貯めたい、増やしたいと思っている。でも、何をどうしたらいいのかわからない。それに、今あるお金は少しでも減らしたくない。知らなかったばかりに損もしたくない。そんなお金に関して悩んでいたり、損しないための知識が欲しいと思っている方のためのサイトです。特に、20代・30代の若い方が数十年後困ることがないように、真摯にお金のことを考えていきたいと思っています。

Entries

⑦ 買値より下がったらナンピンする!

自分が買ったあとから下がるというのが株式投資というものです。なぜだか理由はわかりませんが、株とはそういうものだと覚えておくよりほかありません。

ですから、私は投資資金は初めから3つに分けておく!ことをオススメしています。
「初めに買う用」「ナンピン用」「暴落用」の3つです!
でなければ、時々起こる、必ずやってくる、だけどいつやってくるかわからない市場の下げ・暴落に対応できないからです。
投資家が悔しい思いをするのは、下げた時に買い向かうお金がないからです。

ゆえに、投資をする以上は投資資金を3つに分けておくことはもちろん、いつでも株を買える態勢を整えておかなければなりません。
つまり、常に現金を用意しておくということです。
それは、本業からでもいいですし、倍になって売却しておいたお金でもいいですので、必ず手元に自由になるお金を持っておくことです。

つまり、

・本業で稼ぐ!
・倍になったら半分売却する!
・現金を常に用意しておく!
・暴落で買う!
・ナンピンする!

この5つは、グルグル回って、これらでワンセットだということです。

このことを踏まえたうえで、持ち株が下げたらどうするか?
まずは、その下げが、しばらくしたら元に戻るものであるかどうか、ちゃんと見極めることです。
一時的なものなのか、それともしばらくは立ち上がれないほどのものなのか、それを見極めなければいけません。倒産しそうなところまで株価は下げているけれども、今回は何とか倒産まではいかずに乗り越えられるかどうか。
その基準は、一言で言えば「過去にいい時があった企業かどうか」ですね。
そういう企業であれば、戻る可能性が高いと言えるのではないかと思います。過去に評価されていたというのはその企業の内に秘めている力(潜在能力)だと思うからです。
一番いいのは過去に実績のある企業が時代の流れに今ちょっとだけついて行けなくなっているという企業を選ぶことですね。

「今」というのと、「ちょっとだけ」というこの2つがキーワードです。
「今だけ」であって、もうしばらくしたらちゃんと追いついていけるということです。
「ちょっとだけ」であって、もう追いつけないほど先に行かれてしまっていたり(先に行っている企業の後姿さえも見えなかったり)、追いつくための方法がわかっていなかったり、手段がなかったりということではないということです。

その見極めるいくつかの指標は、

・今ちょっとだけ上手くいっていないのは、時代の流れなど一過性の原因だけによるものか?
・財務余力はあるか?
・保有している資産の健全性はどうか?
・本業以外のことばかりに手を広げていないか?
(それは本業に匹敵するくらいにこれから育ってくるものか?)
・経営者の能力(資質)はどうか?

といったところです。

下がればなんでもナンピンすればいいというわけではありません。
しっかりと「下げた理由」を分析していくことが重要です。


もちろん、上記のような条件に当てはめてみて、ナンピンしてもどうしようもない場合も出てきます。そのような時には、今の持ち株数のまま様子を見ていくことになります。
*そういう状況の場合、現在の持ち株を売却するかどうかもよくご検討ください。

「今の下げは一時的なものでいずれ戻る」と判断した場合には、ナンピンを実行していきます。
そこで注意して頂きたいのが、いくらナンピン用に取っておいたお金でもそれを一回で全部使ってしまわないということです。

暴落が起こっている最中は、「もうここら辺が底だろう」と思っても、さらにそこから下げていくのが常です。
結構下がって、「もういいかな」と思って買いを入れると、一旦は売り一色が収まって上げに転じたりすることもあるかもしれませんが、そこで安心していてはいけません。
そこは、単なる売り疲れたための一休みであって、そこから「いくらなんでも」というようなところまで徹底的に下げていきます。
こういうことになるのが株です。

ですから、もちろん相場が戻れば最初にナンピンをした人でも結果的には利益を得ることができるのですが、「いくらなんでも」まで待った人とは利益の量が違ってきます。

とは言っても、どこまで下がるかはわかりませんし、どこで反転していくのかもわかりません。
ですから、「ナンピンは少しずつ少しずつ」なのです。
ナンピン用にと用意しておいたお金が相場が途中で戻ってしまって残ってしまったとしても、それはそれで仕方がありません。
それはサッパリと諦めることです。

それよりも、「決して知りようがない」市場に対応していくことのほうが優先です。
下げてもまた買えるように、それよりまたさらに下げてもまだ買えるように、このように「どれだけ下げてもいい」と準備しておくことが株で儲けるコツですね。

ナンピンは何回にも分けて分割で!です。

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Categories...B

openclose

私のおすすめ、ノーロード投信に強い!

株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

右サイドメニュー

ネット証券2013年度顧客満足度第1位はここ!!

最新記事

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

お財布の整理が貯まる秘訣!

ベルメゾンネット

プロフィール

waffle cone

Author:waffle cone
「ママチャリでお買い物」が大好きな主婦です。

手軽に積立をはじめるならここ! 業界屈指の格安手数料! 

外貨MMFもここでやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

(*^o^) ブログランキングに参加中。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

規約

ホームページの内容の無断転載を禁じます。 ここに記載してあるすべての情報のご利用については自己責任でお願いします。 何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも、当方は一切責任を負いません。