fc2ブログ

損しない!マネー3本柱(投資と貯蓄・生命保険・住宅ローン)~20代の人が40年後困らないために

収入減、増税。真剣にお金を貯めたい、増やしたいと思っている。でも、何をどうしたらいいのかわからない。それに、今あるお金は少しでも減らしたくない。知らなかったばかりに損もしたくない。そんなお金に関して悩んでいたり、損しないための知識が欲しいと思っている方のためのサイトです。特に、20代・30代の若い方が数十年後困ることがないように、真摯にお金のことを考えていきたいと思っています。

Entries

20代の人がリタイア(65歳?)までに1億円を貯める方法 ② ・・・ 「分散投資」「長期投資」「海外投資」の組み合わせによる資産運用と夫婦共働きというライフスタイルの選択との合わせ技で!

20代の人がリタイア(65歳?)までに1億円を貯める方法 ① では、若い人が抱えるリスクについて具体的に考えられることをいくつかお伝えさせていただきました。
と同時に私はなにも若い方を心配させたり不安にならせたりするために申し上げているのではないということもお伝えさせていただきました。
それよりもむしろ、あらかじめリスクを知っておくことで出来る限りの対策を取っておいていただきたいとの思いからお伝えしているとお話しさせていただきました。
リスクは知って、対処しておくことで最小限にとどめることができるので、ゼロとはいかないまでも(もちろんゼロにできれば一番いい)、限りなくゼロに近くする対策を是非考えていただきたいと思っています。


*これについては『投資』のカテゴリの「分散投資」「長期投資」「海外投資」をご参考にしていただければ幸いです。
また、『年収』のカテゴリの「年収ダウンへの対処法」もご参考ください。
これらを合わせてお読みいただければ、今どうすればいいのか全体像が見えてくるのではないかと考えております。



私は今現在持っているお金については、

「分散投資」「長期投資」「海外投資」の組み合わせによって守ること
(守りながらも結果静かに攻めていることになることがとても大切なことだと思っていますが、
もう一つ大切なのがお金を貯めることです!

*「分散投資」「長期投資」「海外投資」の組み合わせについては金額別のポートフォリオもご参考ください。


「何を今さら」「そんなことはわかっている」「だからどうしたらいいのかを知りたいんだ」というような声が聞こえてきそうなのですが、やっぱり基本はお金を貯めることです!
それが1億円貯めることへの最も早い近道だと思います。

1億円の貯金・・・それは決して不可能な数字でもないことをぜひお伝えしたいと思います。
そして、それは若ければ若いほど不可能なことではないということを是非知っていただきたいと思います。

若い人には確かにリスクはたくさんあります。
中でも、退職金が今退職を迎えている世代と比べて1000万円以上も減るかもしれないということや年金においては3割減額されるかもしれないということは衝撃的な数字です。

ですが、若い人には時間があります。
それが最大のメリット
であり、リスクを減らせる要因であります。
若ければ、当然ながらお金を貯める時間が長くあります。

① それは利子が利子を生む複利効果の享受を存分に受けられるということです。

② また、働き方を選べます。特にそれは奥さんの働き方においてです。

私が思うに今後においては、夫婦で共働きというスタイルがお金の心配ということにおいては一番強みを発揮するのではないでしょうか?

もちろん奥さんが専業主婦というケースよりも貰える年金額は大きくなりますし、何より企業の倒産やリストラあるいはお給料の減額といったリスクの分散ができます。
また、どちらかが病気になった場合のリスク分散も可能です。
これからの時代、ご主人がどんなに有名な大企業に勤めていたとしても一生生活が保障されるわけではありません。
どちらか一方が万が一のことが起こっても大丈夫なように、夫婦共働きで、2人合わせて(つまり世帯年収で)〇〇〇万円ということがリスク対策として最も効力を発するのではないかと思います。

具体的には夫婦二人で年収600万円を確保できればいいですね。
もちろんこれよりも多いに越したことはありませんが、600万円あればひとまず老後は安心できるのではないでしょうか?
それは300+300=600万円でもいいですし、400+200=600万円でもいいですよ。


ただ、私がオススメするのは奥さんが頑張って年収300万円稼げるような働き方をすることです。
そうすれば、ご主人が300万円以上稼いできてくれたときには、それはまるまる余裕になっていきます。
ご主人の年収が400万円であれば100万円が、500万円であれば200万円が、600万円であれば300万円もがゆとりのお金となっていくのです。
これなら心強いかぎりですね。

また、予備知識として、子どもを育てるなどといった理由から一旦会社を退職した人が、再び正社員として働こうとした場合、年収300万円を稼げる確率は約2割にまで減るという統計が出ています。
このことからも、結婚しても仕事は辞めずに、また子どもが生まれた以降はいかに子育てと育児を両立させるかも1億円貯めるための大きなポイントとなってきそうなことがわかります。



■ 奥さんの年収300万円をすべて貯蓄にまわす!! 
              ⇑ 
          1億円貯める方法


生活はご主人のお給料のみでするということを習慣にします。
結婚当初からこれを習慣にしておけばそれほどきつくもありませんよ(私の実体験から)。

もし、奥さんが25歳で結婚したとすれば、60歳退職までに、35年間あります。
単純に300万円 × 35年 = 1億500万円となり、1億円達成ですね!

生活費は、
 【ご主人の年収 + 奥さんの年収全額貯金による利子】
というイメージです!


*もちろん、この式において、ご主人の年収が300万円で奥さんの年収全額貯金における運用益がゼロだという場合は、子どもの教育費や住宅ローンなどの支払いはほぼ不可能です。
というよりも生活でいっぱいいっぱいということになると思います。
その場合、ご主人の年収を増やすか、奥さんの年収全額貯金による運用益を増やすか・・・?
そういうイメージを描くことにこの式を活用いただければと思います。




*また、これでは奥さん名義の貯金のみが1億円と偏ってしまいます。
これでは、相続のときに困ります(相続税が多大に)し、また万が一離婚ということになった場合にややこしくなります。
実際にはこの300万円という金額を夫婦で半々や4:6など、いろいろな状況に合わせた配分で貯蓄されることをオススメします。





【結論】


20代の人がリタイア(65歳?)までに1億円を貯める方法は、

①「分散投資」「長期投資」「海外投資」の組み合わせによる資産防衛(守りながらも実は静かに攻めていることになること)
              ⇑
          
          複利効果の享受



② 夫婦共働きの生活スタイルを選択する
         ⇒ 奥さんの年収分の金額を貯金する



ということです!
この二つを上手く組み合わせれば、たとえ途中奥さんの年収を取り崩さなければならないことがあったとしても1億円は夢の数字ではありません。





【参考】 ① : やっぱり、時間と複利がものを言う!


*年3%で運用できれば、1年に約133万円の貯金 × 40年で 1億円に!

*年1%で運用できれば、1年に約205万円の貯金 × 40年で 1億円に!

*もし、30年しかなければ、1年に約211万円の貯金を年3%で運用で、1億円に!

*もし、30年しかなく、かつ年1%の運用なら、1億円貯めるために必要な年間貯蓄額は約288万円です!

*もし、20年しかない場合、年3%の運用なら、1億円貯めるために必要な年間貯蓄額は約373万円です!

*もし、20年しかなく、かつ年1%の運用なら、1億円貯めるために必要な年間貯蓄額は約455万円です!





【参考】 ② : 主婦が働く場合の130万円の壁が2016年10月になくなります!

パート労働者は、これまでは年収130万円以上の場合に限って厚生年金、健康保険が必要だったが、2016年10月からは「週の所定労働時間が20時間以上」「賃金が月額8万8千円以上(年収105万6千円)」に加入要件が拡大されることが今年の8月に決定されました。

例えば年収120万円では、社会保険料と住民税、所得税は概算で年間約18万円(2012年度・東京都の場合)。このお金が余分にかかってしまうということになります。これでは実際の取り額は100万円程度ということになってしまいますね。

つまり、2016年10月以降は今まで年収130万円以下であればかからなかったお金(厚生年金と健康保険の社会保険料)がかかってきてしまうのです。

また、扶養の範囲内で働く妻には、夫の会社から『家族手当』として、1万円~1万5千円程度が支給されているケースがありますが、夫の扶養から外れるとこれがもらえなくなります。
つまり、全体として世帯収入が減ってしまうということです。

ですが、今後さらにパートという働き方を含めた専業主婦に対する負担増の可能性は高まるかもしれません。
ですので、こういうことも含めて、130万円以上の年収(2016年10月からは年収約106万円以上)を稼ぐと社会保険料を支払わなければいけなくなってはしまいますが、奥さんには私は正社員として働くことをオススメしたいと思います。
*社会保険料を払ったとしても、家族手当がもらえなくなったとしても、受け取る年金を含めたトータルで見た場合には奥さんが正社員として働いた方が絶対にトクになります(=老後がラクになります)。

そして、さらに年収300万円以上を目指して働くことを強くオススメしたいと思います!

*130万円を少し超えたところの収入で働くのではなくて、130万円よりも多く稼げば稼ぐほど、130万円を超えたことの意味が大きくなってきます(メリットの方が大きくなってきます)。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Categories...B

openclose

私のおすすめ、ノーロード投信に強い!

株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

右サイドメニュー

ネット証券2013年度顧客満足度第1位はここ!!

最新記事

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

お財布の整理が貯まる秘訣!

ベルメゾンネット

プロフィール

waffle cone

Author:waffle cone
「ママチャリでお買い物」が大好きな主婦です。

手軽に積立をはじめるならここ! 業界屈指の格安手数料! 

外貨MMFもここでやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

(*^o^) ブログランキングに参加中。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

規約

ホームページの内容の無断転載を禁じます。 ここに記載してあるすべての情報のご利用については自己責任でお願いします。 何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも、当方は一切責任を負いません。