fc2ブログ

損しない!マネー3本柱(投資と貯蓄・生命保険・住宅ローン)~20代の人が40年後困らないために

収入減、増税。真剣にお金を貯めたい、増やしたいと思っている。でも、何をどうしたらいいのかわからない。それに、今あるお金は少しでも減らしたくない。知らなかったばかりに損もしたくない。そんなお金に関して悩んでいたり、損しないための知識が欲しいと思っている方のためのサイトです。特に、20代・30代の若い方が数十年後困ることがないように、真摯にお金のことを考えていきたいと思っています。

Entries

⑧ 時間を味方につけた投資をする (1) !

私たちは個人です。個人投資家です。
誰かのお金を預かっているわけでもありませんし、その預かったお金を「あらかじめ決められた日時」までに倍にしなければならないということなんてもちろんありません。
自由です。
とても自由です。
自由に選んで自由に動けます。
それが個人投資家の強みです。私たちは自由が効くぶんん、とても強いのです。
まず、このことを十分にご理解頂きたいと思います。

私たち個人投資家に相対するものは、いわゆるプロですね。ヘッジファンドとか機関投資家とか呼ばれる人たちです。
この方たちの動かすお金は莫大で私たち個人投資家は足元にも及ばないし、それどころかこの圧倒的資金力を武器にした大波に振り回されるとも言われます。
これに振り回されたり、飲み込まれたりしたら個人投資家なんてひとたまりもないと言われます。
ですが、ほんとうにそうでしょうか?
確かに動かす資金力においては敵うはずなどなく、これを考えた場合にはそのような考えも一理あるのかもしれませんが、でもこの人たちには自由がありません。
そこが最大の弱点です。


それはプロだからです。
プロだから結果を出さなくてはならないのです。それがプロの仕事であり、宿命であり、プロたるゆえんですね。
それも、ある一定の時間の中で結果を出さなければなりません
それもいい結果です。期待されるのはとてもいい結果を出すことです。
いつもいつもそのことを期待され、それを求められます。
つまり、プロなんだからいい結果を出して当たり前ということですね。

だから、たとえば、2008年10月のリーマンショツクの時なんて、いち早く損切りするしかありませんでした。
常に儲けること、1円でも多く儲けることを要求されているプロですが、もし損しなくてはならない状況なら、今度は逆に損を1円でも少なくすることが求められます。
そのためにはいち早く売却しなければならなかった。
損することはわかっていても、それが求められる以上、売るしかなったんですね。
中には、「この暴落はいつかは終わる」「そして必ず株価は戻る」ということがわかっていた人もいたかもしれませんが、それでもやはりお客さんのお金を預かっていて、それを運用している以上、100%保証のないことや、いつそうなるかわからないことに対しては悠長に構えていることなどできませんでした。
そうやってプロたちが、競い合うように自分たちの資金を守るべく巨万な額を次々に売っていったので、あそこまでの大暴落が一瞬にして起こったのだと思います。


これに対して個人であればどうだったでしょうか?
多くの人は恐怖にさいなまれて売却してしまったかもしれませんが、本来ならそこで慌てる必要などなかったはずです。
つまり、待てばよかった。そのままにしておけばよかった。
言い換えれば、個人なら待つことができたはずです。笑って過ごすことができたはずです。
だって、何度も言うようですが、個人には時間があるのですから・・・。

いついつまでに儲けなければいけないんて縛りは何もないのですから・・・。


この点においてもう勝負は見えていますね。

時間を味方にできる個人は圧倒的に強いということです!
これは資金の多さや情報の多さとは何の関係もありません。
だから凄いのです。
個人投資家だからできること、個人投資家にしかできないことがあるのです!
これを極めない手はありません。
そんなこと勿体ないかぎりです。
これを極めさえすれば多分20年、30年後は笑っていられることなのはほぼ間違いのないことなのですから・・・(もちろん、お金の面においては、の話です)。


もう一度言います。
個人投資家は自由です。
いつ買うかもいつ売るかも自由です。自分で自由に決められます。
買いたくなければ買わなければいいし、売りたくなければ売らなければいい、そんな選択もできるのが私たち個人投資家です。

また、現金のままじっとチャンスを待つことだってできるのです!

実はそれが一番強い!!

プロはいつまでも現金のまま持っているということができません。
やっぱり、いち早く運用して、いち早く利益をあげることが求められます。
お客さん(お金を預ける側)からしたらそう思って当然ですよね。
でなければ、プロに預ける意味がありません。
お客さんは自分では難しいと思っているから、その道のプロに資産運用(お金を増やしてもらう)ことを託すのです。
プロがいつまでも現金で持っていれば、お客さんの心理として「それだったら自分でもできる」と思ってしまいます。
「チャンスを待っているんです」ということは通じないんですね。
たとえそれが事実であって、その方が儲けられるとわかっていても、やっぱりそれはプロらしくない行為と映ってしまうのでしょう。
それがプロの辛いところです。

それに比べて個人投資家はいつまでだって現金のままにしておけます

そうやって、じっくりチヤンスを狙うことができます。

個人投資家はそういうように時間を味方につけた投資が常にできるのです。

そして、そのことにつながってくるのが、【株は借金で買わない】ということです。

また、【株は余裕資金で買う】(2,3年後に必要と分かっているお金で買わない)(できれば10年は使う予定のないお金で買う)ということです。

これが大前提になければ、時間も何もあったものではありません。
売る期限が儲けられてしまうからです。
これでは自由度が低くなってしまうからです。
たとえ、買う際にはタイミングを見計らえたとしても、売るタイミングが取れなければ意味がありません。

株式投資で損しないためにはいくつかのルールがあることを覚えていただきたいと思います。
そして、それさえ守れば、リスクは限りなくゼロに近くできることをご理解いただければ幸いです。














スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Categories...B

openclose

私のおすすめ、ノーロード投信に強い!

株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

右サイドメニュー

ネット証券2013年度顧客満足度第1位はここ!!

最新記事

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

お財布の整理が貯まる秘訣!

ベルメゾンネット

プロフィール

waffle cone

Author:waffle cone
「ママチャリでお買い物」が大好きな主婦です。

手軽に積立をはじめるならここ! 業界屈指の格安手数料! 

外貨MMFもここでやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

(*^o^) ブログランキングに参加中。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

規約

ホームページの内容の無断転載を禁じます。 ここに記載してあるすべての情報のご利用については自己責任でお願いします。 何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも、当方は一切責任を負いません。