fc2ブログ

損しない!マネー3本柱(投資と貯蓄・生命保険・住宅ローン)~20代の人が40年後困らないために

収入減、増税。真剣にお金を貯めたい、増やしたいと思っている。でも、何をどうしたらいいのかわからない。それに、今あるお金は少しでも減らしたくない。知らなかったばかりに損もしたくない。そんなお金に関して悩んでいたり、損しないための知識が欲しいと思っている方のためのサイトです。特に、20代・30代の若い方が数十年後困ることがないように、真摯にお金のことを考えていきたいと思っています。

Entries

⑪ プロの言うことは聞かない(鵜呑みにしない)!・・・情報の正しい取捨選択を!

株式投資を始めようとするとき、その多くの方は誰かに聞きたい、相談したいという気持ちにかられることでしょう。
また、もう購入したという人であっても、誰かに意見を求めたくなるときがあります。
また、多くの方は、株について詳しく書いてある雑誌や本を購入したり、証券会社に行ってその道のプロと呼ばれる方の意見を聞くということがあるのではないでしょうか?

それは一体どうしてなのでしょうか?
答えは簡単ですね。
不安だからです。自信がないからです。
あるいは、途中で不安になるからです。自信が途中で薄らいでくるからです。

そうやって不安を取り除こうと、自信を取り戻そうと、何か確信を得ようと思って、本を手に取ったり、証券会社へ足を運んだりするのですね。

ただ、そうやっても100%正しい答えが見つかるわけではありません。
人の話を聞くことによって、あるいは自分の考えを聞いてもらったり修正してもらったり、さらには何か情報やヒントのようなものをもらったりして、少しは不安が和らぐかもしれませんが、それで完全に不安がなくなるわけでも、絶対に儲かるわけでもありません。
ともすると、なお混乱してしまうというようなことさえありますね。

なぜなら、雑誌はそれを書いている人の主観が入るものですし、プロの人たちであってもそれはその人個人の考えによるところを話しているだけだからです。
多くのデータを分析して、それに経験を上乗せしての話(情報)ではありますが、それが100%正しいとは絶対に言えません。
それはどんなに多くの人に売れている雑誌(本)、どんなに有名な人が話していることでも、です。

特に、証券会社の人たちの言うことには少し疑問を持っていただけたらと思います。
だって、証券会社の人たちの言うことが正しいなら、そこに勤めているというだけで最新で確実な情報を持っているのなら、今ごろその人たちは、あるいはその周りの人たちは大金持ちですよね。
自分が真っ先にそれを駆使すればいいのですから・・・。
ですが、実際はそうでもなさそうです。

また、これはよく言われていることですが、証券会社、銀行に勤める人々はそこの社員です。であるならば、やはり自分の仕事で会社に利益をもたらせなければなりません。
このようなことを考えれば、自分たち(会社)に利益(手数料)が多く入ってくるような商品をすすめてくるのは当然の成り行きですよね。
別にその人個人が悪いわけではなくて、会社とはそういうものだということです。


投資は最終的に自己責任です。
本に書いてあった通りにしても、証券会社の人の言うとおりにしても、あるいはもっと評論家と呼ばれる方々の言うとおりにしても、損する時は損します。
そして、その責任は本を出した出版社が取るわけでも、記事を書いたライターが取るわけでも、証券会社の一営業マンが取るわけでも、評論家の人が取るわけでもありません。
結果、すべては自分が受け取るのです。

であるならば、そういう他力的な情報はそこそこにして、自分自身で勉強したほうがいいのではないかと思います。
それよりも、【⑨ テクニカルは要りません、変に凝らずに基本を!】でも申し上げたように、変なテクニカルは必要ありません。雑多な情報も要りません。

変に凝らずに基本を忠実に守ればいいのです。

それが、素人であり個人である私たちが資産と呼べるものを築くことができる唯一の方法と言っても過言ではないのではないでしょうか?


基本的な勉強をし、一定の情報だけを自分の目と耳においてだけ掴む。
言い換えれば、その情報の整理をするために勉強が必要になってくるということです。
それでいいのではないでしょうか?
何も私たちにはプロのような運用を求められているわけではありません(所詮、そんなこと無理です)。
個人は時間を味方につけた投資を徹底すればいいのです。

個人にしかできないことに徹すればいいのです。

言うなれば、中途半端にプロのようなことをやってみたり、知識を得たり、情報を取ったりと、真似事のようなことをするからいけないのです。


少し株に慣れてくると、あれもこれも情報が欲しくなってくるのですが、多すぎていい情報・悪い情報、要る情報・要らない情報を取捨選択出来なくなってしまっては元も子もありません。
また、情報が多すぎて自分(の投資方法)が見えなくなるということもあります。
情報につい揺らいでしまう、というようなことが起こってしまうんですね。
これらのことが一番怖い。

不安を拭おうと得た情報があろうことか自分の信念(投資方法)を曲げてしまう、そんなことがないようにしたいものです。

いちいち反応せず、たとえ聞いたとしても受け流す、そんな強靭な精神が株式投資には必要です。
それをすることに自信がないのなら、情報を取りすぎないということもまた一つの選択肢なのではないかと思います。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Categories...B

openclose

私のおすすめ、ノーロード投信に強い!

株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

右サイドメニュー

ネット証券2013年度顧客満足度第1位はここ!!

最新記事

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

お財布の整理が貯まる秘訣!

ベルメゾンネット

プロフィール

waffle cone

Author:waffle cone
「ママチャリでお買い物」が大好きな主婦です。

手軽に積立をはじめるならここ! 業界屈指の格安手数料! 

外貨MMFもここでやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

(*^o^) ブログランキングに参加中。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

規約

ホームページの内容の無断転載を禁じます。 ここに記載してあるすべての情報のご利用については自己責任でお願いします。 何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも、当方は一切責任を負いません。