fc2ブログ

損しない!マネー3本柱(投資と貯蓄・生命保険・住宅ローン)~20代の人が40年後困らないために

収入減、増税。真剣にお金を貯めたい、増やしたいと思っている。でも、何をどうしたらいいのかわからない。それに、今あるお金は少しでも減らしたくない。知らなかったばかりに損もしたくない。そんなお金に関して悩んでいたり、損しないための知識が欲しいと思っている方のためのサイトです。特に、20代・30代の若い方が数十年後困ることがないように、真摯にお金のことを考えていきたいと思っています。

Entries

⑮ よくわからないものには手を出さない!

投資において「よくわからないものには手を出さない」ことは鉄則です。
言い換えれば、「投資は自分が勉強して、よく理解したうえで行うもの」ということです。
これは鉄則であり、大前提であることです。

私の例で言えば、私はFXには絶対投資しません。
理由はただ一つ、自分がよくわからないからです。
いくら勉強してもよくわかりません。理解できません。
だから投資しないのです。
というよりも、投資できないのです。
自分がわからないもの、理解できないものに、大切なお金を投資する(預ける)ことなんて出来ません。
私にはそんな恐ろしいことなど出来ないのです。

だって、わからない(わかっていない)から、多分損失を出した時にはどうしたらいいかわからないと思います。
多分、損失が出た(出ている)時にはパニックになってしまうと思うのです。パニックにはならなくとも、少なからずあたふたしてしまうことでしょう。
そうして、自分が打つ術もなくいるところに、どんどんどんどん損失は拡大していくような気がします。

その点、株式投資においては勉強もしていますし、何より覚悟も出来ています。
「長期投資をする」という心が決まっています。
それはつまり、「途中で下がってもいい」と思えているということです。
「途中、株価が下がってもいい、耐えられる。それは、途中経過に過ぎないから。大事なのは最後に騰がっていること。自分が売る時に買った値段より騰がっていること。ただそれだけが大事だ」ということを心から理解しているということです。
だから怖くありません。
下がってもうろたえずに、ただ時(嵐)が過ぎ去るのを待てばいい(待てばいいだけ)とわかっています。


ですから、FXも、それを十分にわかっている人、勉強している人にとっては何も恐れることのないものだとも言えるのだと思います。
つまり、人それぞれだということですね。

FXが自分が一番理解できる、やりやすいと思えればそれが一番なのですし、金投資がそうだというのであればそれが一番なのだと思います。
要は、「自分がわかっているものかどうか」「勉強したものかどうか」ということです。

投資という行為は「自分が十分わかっているものだけに行うもの」です。
わからなければ絶対に手を出してはいけないものです。

例えば、よく行く銀行の窓口の人に勧められたとしても、「ハイ、わかりました」と言ってすぐさまお金を預けるようなものではないということです。
だって、大切なお金です。
自分が一生懸命働いてコツコツコツコツ貯めたお金です。
いくら顔なじみの方だからといっても、やっぱりまずは自分が勉強して理解できるものにだけ投資は行わなければなりません。
そういったことが行われないまま、結果として損をしてしまうということにならないよう、是非注意して頂きたいと思います。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Categories...B

openclose

私のおすすめ、ノーロード投信に強い!

株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

右サイドメニュー

ネット証券2013年度顧客満足度第1位はここ!!

最新記事

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

お財布の整理が貯まる秘訣!

ベルメゾンネット

プロフィール

waffle cone

Author:waffle cone
「ママチャリでお買い物」が大好きな主婦です。

手軽に積立をはじめるならここ! 業界屈指の格安手数料! 

外貨MMFもここでやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

(*^o^) ブログランキングに参加中。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

規約

ホームページの内容の無断転載を禁じます。 ここに記載してあるすべての情報のご利用については自己責任でお願いします。 何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも、当方は一切責任を負いません。