fc2ブログ

損しない!マネー3本柱(投資と貯蓄・生命保険・住宅ローン)~20代の人が40年後困らないために

収入減、増税。真剣にお金を貯めたい、増やしたいと思っている。でも、何をどうしたらいいのかわからない。それに、今あるお金は少しでも減らしたくない。知らなかったばかりに損もしたくない。そんなお金に関して悩んでいたり、損しないための知識が欲しいと思っている方のためのサイトです。特に、20代・30代の若い方が数十年後困ることがないように、真摯にお金のことを考えていきたいと思っています。

Entries

今さらながら携帯代に思うこと

今さらながらなのですが、携帯代の負担に思うことがあります。
「高いなぁ」
「昔ならこのお金はかからなかったのになぁ」

というものです。


私はまだいわゆる普通の携帯端末を使っています。
iPhoneとかにはしようとも思いません。
だって、iphone(娘は4Sを所有)にすると、それだけで自動的にパケ放題とやらに加入しなければならず、そうすると必然的に4500円ほどがかかってしまうんですよね。
それがもったいなくて、子どもたちの言う、一昔前の携帯を使っています。
(ただ、私の場合、仕事上も必要ないのでそれができているということもあります)

今の携帯ならかからないお金です。
1カ月4500円 × 12カ月 で、1年間に54000円です。
このお金がかかるか、かからないか、これはとても大きいと思います。
だって、これは一度ではなく、なくなったりもせず、この先ずっとずっとかかってくるものなのですから・・・。


こういうことを考えているうちに、では子どもたちの携帯代はどうなんだろう?ということに至りました。
そこでちょっと計算してみたのです。

当然と言いますか、時代の流れで子どもたちはiphoneを使っています。
と言うより、特に下の子が初めて携帯を買う時にはiphoneしかなかった(それ以外を買う子がいなかった)という感じでした。

電話はなるべくしない(というよりも、緊急の時以外してはならないというルール。友達との連絡はメールや無料アプリで)とは言っているものの、それでも1カ月に7700円くらいはかかってきます。
でも、どうやらこれがiphone(4S)を持つなら、ほぼ最低料金のようです。

まず、基本料金が1980円。
パケ放題料金が4410円。
そして、メール代?が315円。
保険代が315円。
これだけは最低でもかかってくるようです。
そして、我が家の子どもはひとつだけオプションをつけているようで、それに315円かかっています。
これらに消費税がかかってきますから、7700円ほどになりますね。

一人の子どもでも、1カ月7700円 × 12カ月 = 1年に 92,400円です!
これが高校時代3年間となると、277,200円です!

このお金を親が負担しているのです。
あるいは、昔ならかからなかったお金なのです。
とても大きいと思いませんか?
改めて計算してみて私も驚いています。

子どもが二人なら、1年間に184,800円の負担です。
そして、高校時代3年間になれば、554,400円です!
通信代にこれだけのお金がかかっているのです。
お金が貯まらないはずだなぁなんて思ったりしませんか?

さらに、これが子どもに中学生から携帯を持たせているとすると、単純に倍にして、子ども一人につき6年間で554,400円であり、二人では1,108,800円となんと、100万円の大台を超えるのです!
通信費がですよ。
教育費ではなく、通信費が、です。
※中学生以下の料金システム(割引があるなど)を知りませんので、単純に倍と計算させていただきました。

さらに、さらに大学生ともなれば自分でバイトをして払うようになる子も多いと思います(いえ、私はそれが当然かと思っています)が、仮に親が払っているとすると、4年間で369,600円です。
これも二人なら、親の負担は739,200円にもなります。


なんだか、書いていてわからなくなりましたので、もう一度まとめてみますね。

つまり、こういうことです。
子どもが携帯を持っていた場合にかかるお金は、一人につき1年間で92,400円
そして、それ × 親が支払っていた年数 が親の負担だということです。
中学1年生から大学4年を卒業するまでを最大とすると、それはもう924,000円にもなっている(10年間)ということです。
二人ともそうなら、1,848,000円!
こんなバカデカイお金が通信料にかかっているのです。
それも、これはほぼ最低料金(通話なし)での計算です。
ですから、多くの場合これ以上かかっているかもしれないということですね。


これを子どものお小遣いに含めてもいいのではないでしょうか?
もちろん、その分お小遣いを減らすということなどに直接結びつくものではないかもしれませんが、最低限、これだけかかっているんだという意識を子どもに持たせなければいけないのではないかと思います。
と言うよりも、それは絶対に必要なことなのではないでしょうか?

ともすれば、子どもは自分の懐が痛くないせいか、制限なく使ってしまいがちです。
それを自制するためにも、お金の大切さを教えるためにも、携帯料金を子どもに伝えることはとても意味のあることだと思います。


今の時代に必要なものだからとか、時代の流れでどうしようもないものだから、とアッサリと言ってしまうのではなくて、子どもに伝えなければならないことがあるし、もう少し深く話し合う必要があるのだと思います。

ただお金を出せばいいというものではない。
そして、そこにはルールがある(ルールがいる)し、出してもらうからにはそれを守ることも、感謝する気持ちもなければならない、そんな基本的なことさえ出来ていないことが多いような気がする昨今の携帯を持つ子どもの姿(光景)です・・・。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Categories...B

openclose

私のおすすめ、ノーロード投信に強い!

株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

右サイドメニュー

ネット証券2013年度顧客満足度第1位はここ!!

最新記事

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

お財布の整理が貯まる秘訣!

ベルメゾンネット

プロフィール

waffle cone

Author:waffle cone
「ママチャリでお買い物」が大好きな主婦です。

手軽に積立をはじめるならここ! 業界屈指の格安手数料! 

外貨MMFもここでやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

(*^o^) ブログランキングに参加中。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

規約

ホームページの内容の無断転載を禁じます。 ここに記載してあるすべての情報のご利用については自己責任でお願いします。 何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも、当方は一切責任を負いません。