fc2ブログ

損しない!マネー3本柱(投資と貯蓄・生命保険・住宅ローン)~20代の人が40年後困らないために

収入減、増税。真剣にお金を貯めたい、増やしたいと思っている。でも、何をどうしたらいいのかわからない。それに、今あるお金は少しでも減らしたくない。知らなかったばかりに損もしたくない。そんなお金に関して悩んでいたり、損しないための知識が欲しいと思っている方のためのサイトです。特に、20代・30代の若い方が数十年後困ることがないように、真摯にお金のことを考えていきたいと思っています。

Entries

日本版ISAに思うこと ⑥ ・・・ 「株式投資には向かない!?」

日本版ISAにおける、一人当たり、1年間の非課税投資上限額は100万円です。
これは1年間に、1人に与えられた枠で、これを1円もオーバーすることは認められません。
ということは、よくよく考えてみると、「???」と思うようなところがあります。
だって、もしこの非課税投資枠を使って株式投資をしようとする場合、それは100万円ピッタリの銘柄を買付しなければいけないということになります。
でも、株式を買い付けるにあたって、そんな100万円ピッタリということはまずありません。
それを見つけるのはとても困難な技となります。
99万円でもダメで、101万円でもダメなのです。
正確には99万でダメだということではないのですが、1万円勿体ないということになります。

例えば、自分が以前から欲しいなと思っていた銘柄が2つあって、一つは現在の株価で最低必要金額が60万円、もう一つが45万円だとします。
とすると、この2つの銘柄を共に非課税投資枠を使うということが出来なくなるのです。
どちらか一方を選ばなくてはなりません。
45万円の方の銘柄をもう1単元株数分買い付けるということはできますが、欲しいと思っていたA株とB株を買うことはできないのです。
もちろん、60万の方の株は最低単元株数しか買うことはできません。
また、100万円を超える銘柄については、端っからこの枠は使えないことになります。
でも、最低単元株数で100万円を超えてくる銘柄はたくさんありますよね。
ですから、ほんとうに悩ましいところです。

このように100万円と単純に金額で区切られる非課税投資枠は、その枠を株式投資において使おうと考える時、使い勝手がいいとは決して言えないものです。
ほんとうに欲しいものが買えない(欲しいものに使えない)というジレンマも出てきそうです。

100万円になるべく近い金額になるように複数の銘柄を組み合わせるか?
それとも1銘柄だけにするか?
余った金額を投資信託の購入に回すか?あるいは、余った金額で何に投資するか?
非課税枠を余すところなく使い切ろうと思ったらいろいろと考えなければならないことが出てきます。

まあ、投資信託を購入するのであれば、それは金額ベースで申し込むものですから、100万円ちょうどでOKということになりますが・・・。
そういう意味では、この日本版ISAを使って投資信託を購入される方が多いかもしれませんね。
つまり、ちょうど割り切れるということ考えた場合、日本版ISAというのは、投資信託の方に向いている制度だと言えそうです。
そうすれば1円の無駄ということもありませんし、何より考えるという手間が省けるというメリットもあるかもしれません。
ですが、上昇ということを考えた時、やはり投資信託<個別株式であることは言うまでもありませんから、
そう考えた時、やはり悩ましい限りですね。

とにかく、せっかく与えられた非課税投資枠を最大限に生かそうと考えた時、最も値上がりするものに投資した方がそのメリットを受けられることは言わずもがなです。
それは結果論でしかない部分もありますが、それを見越して投資しなければ意味がないとも言えるものです。
むろん、売却時に利益が出ていなければどうしようもありません。最大限に生かすも何もなくなってしまいますね。それだけは是が非でも避けたいところであります。

銘柄を選ぶほかに、このような煩わしいとさえ言えることをも考えなければならないのが今回の日本版ISAです。
それでも、ないよりはあった方がいい優遇税制制度ではありますから、なんとか有効に使いたいものです。

私は今のところ、現時点で100万円以下で購入できるいくつか目ぼしい銘柄をピックアップしておいて、その時にいくらになっているかによって決めようかと思っています。
そして、もちろん、ピッタリ100万円になるように、株式投資で埋められない端数は投資信託(もちろんノーロードやETF)や外貨MMF(その時の為替にもよりますが)を購入しようと考えています。
そして、もちろん、忘れてならないのは、この10年間(2014年~2023年)に騰がる(騰がって売れる)ものをということです。
でなければ、こんなに100万円ピッタリにとあれこれ考えた元が取れませんから・・・。
100万円ちょうどにすることばかりを考えすぎて、個別銘柄や商品の選択はおろそかになってしまった、そんなことは避けなければなりません。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Categories...B

openclose

私のおすすめ、ノーロード投信に強い!

株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

右サイドメニュー

ネット証券2013年度顧客満足度第1位はここ!!

最新記事

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

お財布の整理が貯まる秘訣!

ベルメゾンネット

プロフィール

waffle cone

Author:waffle cone
「ママチャリでお買い物」が大好きな主婦です。

手軽に積立をはじめるならここ! 業界屈指の格安手数料! 

外貨MMFもここでやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

(*^o^) ブログランキングに参加中。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

規約

ホームページの内容の無断転載を禁じます。 ここに記載してあるすべての情報のご利用については自己責任でお願いします。 何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも、当方は一切責任を負いません。