fc2ブログ

損しない!マネー3本柱(投資と貯蓄・生命保険・住宅ローン)~20代の人が40年後困らないために

収入減、増税。真剣にお金を貯めたい、増やしたいと思っている。でも、何をどうしたらいいのかわからない。それに、今あるお金は少しでも減らしたくない。知らなかったばかりに損もしたくない。そんなお金に関して悩んでいたり、損しないための知識が欲しいと思っている方のためのサイトです。特に、20代・30代の若い方が数十年後困ることがないように、真摯にお金のことを考えていきたいと思っています。

Entries

NISAにおける留意点 ⑦ ・・・ 投資信託購入の際の注意点 ①

【NISAにおける留意点】 
 
     ・・・ 投資信託を購入する際に
            気を付けなければならないこと ①!




NISAの本命は投資信託などと言われています。
それは、次のような点から投資信託が一番向いているということなのではないでしょうか。

・100万円ちょうどでの購入できること。
 個別銘柄への投資ではちょうど100万円にするということが極めて困難です。

・投資初心者にはわかりやすいこと。
 株式投資の経験がない人などにとっては、投資を始める第一歩としてわかりやすい商
 品
だと思われます。
 また、個別銘柄への直接投資に比べて、リスクが少ないこともあげられます。

・NISAの取扱金融機関である銀行などでは、取り扱える商品が投資信託に限られていること。
 ゆえに、銀行さん等では自分たちで取り扱える投資信託を勧めてくる可能性が大です。
 株式やETFやREITの取り扱いは証券会社でしか出来ません

・取扱金融機関に入ってくるお金(つまり、手数料等の収入)は投資信託が一番多くなります。
 投資信託には、購入手数料や信託報酬などと呼ばれるものがかかります。つまり、購入し保有するに当たり、手数料というものがかかってきます。それは、個別銘柄に直接投資するよりも割高になります。


以上のような点から『NISAにおいて本命は投資信託』と言われております。

もちろん、投資する側(つまり、私たち)からしてもメリットはたくさんあります。

まず、なんといっても、少額から投資できるのがいいですね。
1万円からでも、5000円からでも、1000円からでも始められる商品が豊富にそろっています。
中には、500円から始められる積立投資なるものまでありますよ!(SBI証券で取り扱いありです!)
これなら、気軽に始められそうですし、「始めてみようか」という気にもなるものですね。
つまり、敷居が低いということです。
特に投資初心者の方やまだお若い方にとってはこれはありがたい限りのことなのではないでしょうか?

また、その選択肢の多さも目を見張るものがあります。
現在、4000本を超えているでしょうか。
その中から、自分に一番合った商品を選ぶことが出来ます。

今のご自分の状況や将来の予定などを鑑み、自由に選ぶことが出来るということは最大のメリットですね。
その広い選択肢により、組み合わせも可能かつ自由になってきます。
そうなると、それは無限大です。
投資信託の良さはこんなところにも見て取れるのです。


ですが、です。
こんなにも使い勝手の良さそうな投資信託なのですが、NISAにおいてそれを選ぶ場合、気をつけなければならないことがいくつか出てきます。
それは、NISAが長期的な資産形成を目的とするものであることがゆえのものでもあります。

また、先ほど現在販売されている投資信託の数は4000本以上あると申し上げましたが、逆を言えばそれゆえに、中にはどうしようもない商品が紛れ込んでいるかもしれないということがあるのです。
私たちはそのことに気をつけなければなりません。私たちは、不良品とも言えるそれを見抜かなければならないのです。

では、どういうふうにそんな私たちの資産形成に不利益を及ぼすかもしれない商品を見抜けばいいのでしょうか?
それはこれをすれば絶対というものではありません(絶対というものは残念ながら存在しません)が、それでも限りなく安心安全に近づけるものです。
少なくとも、これをやらないよりはマシですね。
大事な大事なお金です。
是非、以下の点に注意して見てみていただくことをオススメします!


① 純資産残高が順調に増えているファンドを選びましょう!

この純資産残高というのはほんとうに大切です。
単純に、「このファンドがいい」「このファンドを購入したい」と思って、購入してくれる人が増えているということになります。
つまり、応援してくれている人が少しずつ増えているということです。

「このファンドがいい」と思うにはいくつかの根拠がありますね。人は理由や根拠のないものは買わないものです。特に、今の時代のように、ネットが普及して、調べるということが比較的容易になった現在、下調べしてから動く人がほとんどです。
目論見書等にも目を通す人も多いことでしょう。
自分で調べて、、納得して、そして購入しているわけです。

ここが大事なことなのですが、それはただ人気ということではありません。
個人個人が自分で調べて理解し、納得したうえでの購入という、裏打ちされたものがあるということです。
少なくとも、それは昔よりは増えていることでしょう。
窓口の人に勧められるがままにとか、親戚・知人の売り上げに協力してとかいうことは、だんだんに減ってきています。
それだけ一個人の知識も情報も増えたということですね。また、お金を運用するということについての意識が高まったということでもあります。慎重にもなりました。

故に、やはり純資産残高が増えているということには、何らかの理由があるのです。
その何らかの理由というのは、純資産額が順調に増えていることが十分に頷ける(理解・納得できる)ものです。
つまり、純資産額が順調に増え続けているのに値する商品であるということですね。
このことがとても大切です。
逆を言えば、それが減っているなら、やはり減っているだけの理由があるということです。
純資産額が減っていくだけの商品でしかない(それだけの魅力しかない商品だ)ということになります。


また、純資産残高が増えているということは、それだけ運用者側の選択肢や自由度が広がる・高まるということになります。
わかり易く言えば、より思い描いている運用ができるということです、運用者の理想に近づいた運用が可能になると言ってもいいのかもしれません。
単純に100万円で何を購入しようかと考えるよりも、1000万円で何を購入しようかと考える方がその選択肢も自由度も高まりますね。

逆を言えば、純資産残高が減れば、その運用には多方面において制限が出てきてしまうということです。
純資産残高が減るということは、解約を申し出ている人が増えているということ。
つまり、その方々にお金を返さなければいけません。
そのために、今運用しているものを売らなければならない
わけです。
こうして、どんどんどんどんお金(運用資金)が減っていって、思うような運用ができない(いいポートフォイリオが作れない)というような悪循環に陥っていきます。
それは、やがて運用難ということになっていくかもしれません。
そして、ついには償還(繰り上げ償還)ということにも・・・。

投資信託で怖いのはこの繰り上げ償還です。
繰り上げ償還とは、その時点でこの商品の運用は終了しますということです。
ここまでになったら繰り上げ償還になりますという明確な決まりと言いますか、基準はないのですが、それはある日突然決められてしまいます。
運用者側で勝手に決定されて、私たち運用を任せている側はそれを受け入れるしかなくなるわけです。
「もうこれ以上運用を続けるのが困難なので終了させていただきます」というわけですね。
そして、この終了した時点での基準価額で私たちにはお金が返されてきます。
それは当然ながら(運用結果が悪いからこのようなことになるということですから)、預けた時の金額よりも下回っていることでしょう。

ですから、私たちは、このようなことがおきない投資信託を選ばなければならないのです。
正しくは、おきないであろう投資信託ということです。
いろいろな角度から検討して、おそらくこの先も大丈夫であろうと思われる投資信託商品を選ばなければなりません。
その尺度の一つとして、一般的に言われているのが純資産残高が30億円以上ということです。
一つのファンドの純資産残高が30億円を下回ると、それは投資信託会社にとってお荷物になると言われています。
率直に赤字要因になるようです。
もし、その投資信託会社が販売しているのがこのファンド1本だとしたら、すぐ経営困難ということに繋がるかもしれません。

できれば、純資産残高は100億円を上回っていることが望ましいと言われています。
純資産残高は多くの場合、その基準価額と共にグラフで表していて、目につきやすいようになっていますので、まず一番最初にチェックしてくださいね!
(わかりにくいようなところにあれば、それだけで???と思った方がいいのかも・・・!?)


* 純資産残高は順調に増えているということが重要です。
たとえ、残高が30億円以上あっても、100億円以上あったとしても、それが特に短期間で減少してきているということがある場合には要注意です!
逆に、たとえ今は純資産残高が30億円以下であっても、それが順調に増えてきているうえでのことであれば、そんなに心配しなくてもいいとも言えます。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Categories...B

openclose

私のおすすめ、ノーロード投信に強い!

株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

右サイドメニュー

ネット証券2013年度顧客満足度第1位はここ!!

最新記事

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

お財布の整理が貯まる秘訣!

ベルメゾンネット

プロフィール

waffle cone

Author:waffle cone
「ママチャリでお買い物」が大好きな主婦です。

手軽に積立をはじめるならここ! 業界屈指の格安手数料! 

外貨MMFもここでやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

(*^o^) ブログランキングに参加中。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

規約

ホームページの内容の無断転載を禁じます。 ここに記載してあるすべての情報のご利用については自己責任でお願いします。 何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも、当方は一切責任を負いません。