fc2ブログ

損しない!マネー3本柱(投資と貯蓄・生命保険・住宅ローン)~20代の人が40年後困らないために

収入減、増税。真剣にお金を貯めたい、増やしたいと思っている。でも、何をどうしたらいいのかわからない。それに、今あるお金は少しでも減らしたくない。知らなかったばかりに損もしたくない。そんなお金に関して悩んでいたり、損しないための知識が欲しいと思っている方のためのサイトです。特に、20代・30代の若い方が数十年後困ることがないように、真摯にお金のことを考えていきたいと思っています。

Entries

NISAの活用法 ① ・・・ 5年間で夫婦2人で1000万円! 子どもも入れれば1500万円、2000万円、2500万円に・・・!

NISAとは2014年1月から始まる非課税制度(詳しくは、少額投資非課税制度と言います)のことです。
NISA口座にて購入した株式や投資信託の売却益(値上がり益)や配当金、分配金に税金がかかってこないというものです。

この制度にはいろいろな取り決めがあって、一人いくらでも利用できるわけではありません。
また、ずっと永久的に行えるわけでもありません。(現時点において。今後制度変更の可能性あり。)
NISAでは、非課税枠というものが決められていて、それは一人につき1年間(その年の1月1日~12月31日の間において)で新規購入に限られ、100万円です。
それを5年間という期間が与えられます。

つまり、NISA口座を開設して、その口座にて株式等を購入すれば、一人につき、

1年間100万円 × 5年 = 500万円

の非課税枠が与えられる
ということです。
言い換えれば、一人につき、5年間で最大500万円の非課税枠を利用できる権利があるということですね。

そう、これは一人につき5年間で500万円です!
であれば、
ご夫婦二人であれば、それは1000万円の非課税枠があるということになります。
5年間で1000万円。
これが多いか少ないのかは議論があるかもしれませんが、20代、30代のまだお若い方であれば、それはもう十分な非課税枠なのではないでしょうか?
また、40代の子どもに一番お金がかかる時期の方々においても、十分な額だと思われます。

見方を変えれば、夫婦で1年間に200万円の非課税枠があるわけです。
年収やいろいろなことにもよるのだと思いますが、1年間に200万円を貯蓄に回せる方はそう多くはないと思われます。

少し横道にそれたお話をさせていただきますと、NISAというのは、その登場した意味(意義)は、長期において資産を形成していくための制度を整えましょう、ということにおいてです。
ですから、その対象となるのは株式や投資信託等となっています。
つまり、現在の年金制度はあまり多くを望めません。さらに、今は金利も低くて貯蓄だけしていてもままなりませんから、将来の年金をご自分たちでも用意できるような環境を整えましょう、ということです。
そこに、気質として元本安全な商品を好む日本人に、投資というものにも目を向けてもらう(もらいたい)、という思惑も入ってきていますね。

話を元に戻させていただきますと、そんなNISAです。
NISAの対象となるのは、株式や投資信託です。
つまり、元本の保証はないものです。
ですから、ここで先ほど申し上げた、夫婦2人で十分な額なのではないでしょうか、ということです。
夫婦2人で200万円。
この金額全部を元本の保証のないものに回せるという方はそれほど多くはないのではないかということですね。

つまり、いくら非課税だからといって、マイナスになってしまっては元も子もありません。
子どもの教育費など、近い将来に必ず必要になってくるお金を元本保証でないもので運用するか(してもいいか、大丈夫か)どうかはよくよく考えなければなりません。
期限を切らなければならないお金については投資ということに不向きなのではないでしょうか?
投資とは、必ずいついつまでに儲かる、というものではありません。
このようなことからも、夫婦単位で考えた場合、200万円という金額は十分なのではないかと考えられます。


さらに、もし子どもがいた場合、その分の非課税枠が使えるということもあります。
何故なら、NISAは、一人につき、ということだからです。
その家族全体(世帯)でということではありません。個人個人にその枠が与えられます。
ですから、NISAでは、それを利用できるのが、その年の1月1日の時点で20歳になっているということが条件ですが、お子さんが20歳以上であれば、(話し合いによって)その枠を利用(活用)することも考えられるわけです。
(もちろん、贈与税などの問題等もありますので、そこはくれぐれもご注意を!)

20歳以上の子どもが1人いれば、100万円の枠が広がります。
2人いればさらに100万円、3人いればさらにさらに100万円。
もし、20歳以上の子どもが3人いれば、1年間の世帯としての非課税枠は500万円にもなるのです!
1年間に500万円を投資に回せる、それだけ余裕のあるご家庭は本当にそう多くはないと思われます。

そして、それが5年間なのです。
トータルでは、なんと、世帯で2500万円もの金額が非課税になる(子どもが3人いた場合 × 5年)わけです!
もし、これだけ余裕があるのであれば、是非活用したいところですね。

2014年1月1日の時点で満20歳のお子さんがいらっしゃらない、という方においては残念な限りかもしれません。
でも、しかし・・・
今、お子さんは何歳ですか?
このNISA制度は、今のところ口座開設をできるのは2023年までありますから、今10歳(平成15年生まれ)のお子さんも2023年の最後の年にはこの枠を使えるのです!
今のところ口座開設可能期間は2023年が最後となっていますから、1年間だけしかありません = 100万円だけしか使えませんが、それでもないよりはマシですね!

それに、今後、NISAはより使い勝手のいいものに制度変更がなされていくと思われます。
スタートして最初の見直しが行われるのは2016年の予定だそうです。
現時点でも、本家のイギリスのISAと比較して不都合な点がいろいろと挙げられています。
この口座開設可能期間の恒久化もその一つですね、見直しが行われるかもしれません。
もし、見直しが行われて、口座開設可能期間が恒久化されれば、今の子どもの年齢は関係なくなります。
子どもがいつに生まれても、二十歳になれば非課税枠を利用できることになるのです。
その朗報を待つべく、今はコツコツとその資金作りに励むことがいいのではないでしょうか?
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

Categories...B

openclose

私のおすすめ、ノーロード投信に強い!

株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

右サイドメニュー

ネット証券2013年度顧客満足度第1位はここ!!

最新記事

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

お財布の整理が貯まる秘訣!

ベルメゾンネット

プロフィール

waffle cone

Author:waffle cone
「ママチャリでお買い物」が大好きな主婦です。

手軽に積立をはじめるならここ! 業界屈指の格安手数料! 

外貨MMFもここでやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

(*^o^) ブログランキングに参加中。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

規約

ホームページの内容の無断転載を禁じます。 ここに記載してあるすべての情報のご利用については自己責任でお願いします。 何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも、当方は一切責任を負いません。